30歳になりました。

この記事は約2分で読めます。

 たまには、日記的なことを。

 本日、30歳の節目を迎えました。ここまで、特に何事もなく過ごせていることに感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

 そこで、30歳になったということで、ちょっとした宣言、意思表明をしたいと思います。

 昨年末に目標として「動いていく」という事を掲げましたが、ひとつ付け加えます。それは、「勘違い」をしていくという事です。

 「勘違い」といえば、「あいつは、自分のことを買い被っている」という意味や、「調子に乗っている」という意味で使うかと思います。決してポジティブな言葉ではありません。

 しかし、あまりにもこういった発言の中にいると、あたかも、「周りの印象に合わせていくこと」=「分別のある大人」という図式になってしまい、挑戦する事だったり、努力することを「諦める言い訳」になりがちです。

 「どうせ、この程度だから」とか、「身の丈」とか言い出してしまう訳です。特に、年齢を重ねるに当たり、その傾向は強くなるのではないかと思います。

 しかし、学生を見ていて思うことがあります。
 それは、「勘違い」することを恐れている人が多くいるということです。恐れているのであれば、まだ良いのですが、完全に「諦めている」ように感じる人もいます。それはとても残念な事です。身の丈を超えるために学ぶのだと思うからです。

 そういった学生を見ていると、あまりにも周りに「諦めた大人」が多かったのだなと思ってしまいます。自分が諦めたことを正当化するがごとく、「諦める事が世の中の正しい生き方なんだ」と、語った人が多いのだなと思います。

 僕は、まだ「Stay hungry Stay foolish」と、上から語る人間にはなりたくありません。それは、自分自身に投げかけるものだと思うからです。そういった意味からも、まずは自分が「チャレンジ」をして生きていきたいと思います。

 しかし、会社員をしていたからでしょうか。年齢を重ねたからでしょうか。かなり「身の丈」を考えている自分に気づきます。ですから、それは意図的に、そして大胆に、大げさに「勘違い」をしていきたいと思います。

 来年度からは、教員として2年目を迎えます。ゼミも始まります。新たに出会う若い人達と一緒に「大きく勘違い」をして行けたらと思います。

 僕は、本気で「世界を変えられる」と思っています(ちょっとだけだけど)。一緒にやりませんか。

No tags for this post.
Blog
シェア
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人

産業能率大学情報マネジメント学部 准教授 橋本諭(はしもと さとし)。
研究テーマは、ソーシャルビジネス、人材育成を扱っています。

橋本 諭

橋本 諭をフォローする
産業能率大学 橋本ゼミ
タイトルとURLをコピーしました