橋本ゼミ1期生 初回ミーティング

シェアする

 本日、テスト最終日ということもあり、橋本ゼミの第1期生の初回ミーティングを行いました。全員は集まっていませんが、総勢20名になりました。うれしい事です。

 

 橋本研究室は、「会社」というメタファーで運営していきます。
 吹けば飛ぶような中小零細企業です。私は「社長」として、会社を何とか運営していきたいと思います。

 製品は、「人そのもの」です。松下幸之助は、「松下電器は電気器具をつくる会社である。しかし併せて人をつくる会社である」と言ったそうですが、橋本研究室は、人のみをつくる会社です。

 全員が少しでも成長して他社(他所)に売れるように、成長に資する場をつくっていきたいと思います。

 今日は初回でしたので、「入社式」を行い、全員に「採用辞令」を交付しました。

 

 また、初回打ち合わせでもあり、これから夏休みに入る事もあるので、夏休み期間中および後期に向けた説明を行っています。初回にも関わらず、かなり白熱した議論になるところは頼もしい限りです。

 

 ちなみに、今日はドレスコードを「黒や黒っぽいもの」と指定しました。周りからはブラックゼミと揶揄されたそうですが、喪服にもなる無難な選択である中で、どうやって個性を出してくるかを見てみました。

 また、ワークショップなどをするときに「ドレスコード」をいかに指定するのかという事も体験的に学んで欲しいためです。すごく真面目な熱い男が全身タイツを仕込んできたのは、期待以上でした(笑)

 今後、このメンバーで動いていきます。社長がだらしない零細企業ですが、どうぞよろしくお願いいたします。打ち合わせの最中に1本オファーを頂きました。様々な条件があり全てを受けられる訳ではありませんが、どうぞオファーをお待ちしております。

 PS:1つ、ちょっとしたテクニックを。
 集合写真を撮る際など、ある程度の年齢以上になると基本は決め顔をします。女性の場合顕著に決まっています。それでも、ちょっと面白い顔とか、和らいだ状態を撮りたい時には、カメラの連写機能を使うと良いです。連写も10連写以上がオススメです。決め顔で取った後に、さらに連続してとり続けられる状態がちょっとしたサプライズになり、比較的和らいだ顔が撮れるかと思います。是非、どこかで使ってみてください。

 こんな感じです。あんまり変わっていないですかね。
 
 

「いいね!」をして応援してください
この記事をお届けした
産業能率大学 橋本ゼミの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする