生活のリズム

この記事は約1分で読めます。

大学の教員になって大きく変わったことの一つとして生活のリズムがある。前職(経営コンサル)時代は、プロジェクトベースで動いていたので、月曜日だから○○するといったようなルーティンな業務はほとんどなかった。

変わって、大学では1週毎のスケジュールで動く。曜日を意識する事が多くなった訳だ。

ちなみに後期は、月曜日が研究日。火曜日〜金曜日が大学への出勤日となっている。
授業は火曜日に1コマ、木曜日に2コマ、金曜日に3コマの計6コマで、後半になるにつれてキツくなっている。特に、最後は金曜4限なのだが、100人強への授業のため、気力を振り絞って行うような授業となっている。

まだ、1回始まったばかりの所だから、後14週あるわけだ。
季節も夏から秋、冬に突入する。暑かったと思ったら、寒くなるわけだ。風邪でも引こうものなら、体力的にもキツくなる。
生活のリズムをいかにつかむかが鍵になるだろうな。

今日は、研究協力いただいている企業へ訪問。途中、海のそばを通ったが、既に秋の海になっている。夏のそれとはまた違い、それはそれで良いものだ。

季節の移り変わりを眺めながら、目の前の業務に立ち向かっていきたい。

No tags for this post.
11月8日学祭「瑞木祭」橋本ゼミのテーマは #PlayfulCluster
11月8日は産業能率大学の学祭「瑞木祭」があります。 私達橋本ゼミでは、バーチャルSNS clusterを用いて、研究発表を行います。 ぜひ、チェックしてください
Blog
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
橋本 諭

産業能率大学情報マネジメント学部 准教授 橋本諭(はしもと さとし)。
研究テーマは、ソーシャルビジネス、人材育成を扱っています。

橋本 諭

橋本 諭をフォローする
産業能率大学 橋本ゼミ
タイトルとURLをコピーしました