いま、あえて「地方創生」について「ビジネス」の観点から考えたい。トラオ、シェアビレッジ、ANDONの武田昌大(@TORAO_P)さんをお招きして

この記事は約3分で読めます。

橋本です

今年、2030年を考えるゼミと題して、東京駅直結のサピアタワーにて「夜活」というイベントを行っています。
次回は、来週月曜日(11月5日)で、今最後の準備をしています。そして、ワクワクしています。

今回は、地方創生がテーマです。

地方創生というと、財政危機の時代の中で珍しく大きな予算がついています。そして、錚々たる大企業から地域の企業などが行政と共に様々な取り組みを行っています。

しかし、難しい。

私も、いくつか地域に関するテーマに関わっていますが、国として大きな予算ではありますが、地域にとって十分かといえば、まったくそうではありません。

また、「で、何をするか?」といった具体案を出すこと、さらにそれを地域社会の中で認めてもらうこと、そして続けること。段々と、いや、もう絶望的になるくらいの難しさを感じます。

特に、自分自身一番難しいなと思うのは、データ的には、また外部から見ると「困っている」と思われがちですが、実際には、

それほど、困っていない

のです。だから、なにかをやるということには繋がりにくい。

実はこれ、他人事ではなく自分自身で感じています。
わが町もデータ的には確かに衰退しています。一度店が閉店すると、多くはそのままです。
でも、生活にはそれほど影響がありません。

ただし、ある地点を超えてしまうと戻ってこれなくなるでしょうし、打ち手も失われているのです。だから、怖いのです。

——————-
さて、こういった状況の中、「たった一人」で地方の活性化をスタートさせた方のお話を伺いたいと思っています。

武田昌大さん(@TORAO_P)です。

http://www.torao.jp/

トラクターに乗る男前農家集団「トラ男」をたった一人からスタートさせ、農業の活性化にチャレンジし、

おむすびスタンドANDON|日本橋・小伝馬町の食×カルチャー最新型長屋
おむすびスタンド『ANDON』が日本橋・小伝馬町にオープンしました。1Fのおむすび屋、2Fの本屋など、8坪4階建てのタイニービルに各階ごとにテーマを持ったイベントやスクールを開催することで様々な交流を生む現代の長屋の誕生です。

日本橋に秋田のお米や日本酒を飲めるANDONをオープン

302 Found

地域の古民家を皆で支える仕組みをクラウドファンディングなどを使いながら作られています。一人からスタートしつつも、今では大きなムーブメントを作っておられます。

——————-

今回、武田さんとは、あえて「ビジネス」の観点から議論ができればと思っています。

今、すごく楽しみにしています。
少人数で行いたいなと思っていますが、後少し入れそうです。
もし、ご興味あられれば一緒に議論をしましょう。

お申込みはこちら

SANNO夜活講座は2020年3月末日をもって終了しました。 | お知らせ | 産業能率大学 個人受講申し込み
産業能率大学プロカレッジからのお知らせ「SANNO夜活講座は2020年3月末日をもって終了しました。」のページです。ー産業能率大学プロカレッジ


先日、ANDONでいただきました。控えめに言って、最高でした。

参考URL

「地方」が生き残るために必要なものは何か。トラ男、ANDON、シェアビレッジを手がけて都会と地方をつなぐ武田昌大さんと語る、ふるさとで経済をつくるということ
秋田県北秋田市を暮らしの拠点にしながら、トラ男、ANDON、シェアビレッジの3つを運営する武田昌大さんが直面しているのは、地元が消滅しようとしている現実です。
http://www.fractale.co.jp/fractaview/takeda1
地域ブランド成功事例: 秋田県武田昌大(トラ男) x 地域プロデューサー齋藤潤一 | 地方移住のMACHI LOG
「トラ男」、「シェアビレッジ」など、ここ数年の地域ビジネス界隈を賑わせるワードをご存知ですか。これらのプロジェクトを手がけているのが、武田昌大さんです。秋田の若手農家を支援するプロジェクト「トラ男」の...
http://ja.catalyst.red/articles/share-village-1/
No tags for this post.
Blog
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
橋本 諭

産業能率大学情報マネジメント学部 准教授 橋本諭(はしもと さとし)。
研究テーマは、ソーシャルビジネス、人材育成を扱っています。

橋本 諭

橋本 諭をフォローする
産業能率大学 橋本ゼミ
タイトルとURLをコピーしました