2018年度就活における企業の採用ビデオのまとめと傾向

シェアする

 橋本ゼミでは、ゼミ生の中から有志が集まり、いくつかの係を運営しています。その中の一つとして「入ゼミ係」があり、新規ゼミ生募集やゼミ生として決まった学生に対するフォローを行っています。

 新規ゼミ生募集については、企業における「採用活動」を参考にしながら、やり方を考えています(あくまで、参考にです)。

 採用活動について、ひどくざっくりとまとめると、以下の4つに絞ることができます(服部 2016)。
 1.自社にとっての優秀さを定義すること
 2.1.を満たす人に自社を知ってもらう(母集団形成)
 3.2.の人たちに受験してもらい対象者を絞り込む(選抜、自己選抜含む)
 4.3.で選んだ人たちに入社してもらい活躍してもらう(組織社会化)

1.横浜国立大学服部ゼミに伺った背景 横浜国立大学経営学部服部ゼミでは、企業の採用活動についての研究、「採用学」を行っています。特に...

 学生側の立場からすると、3の選抜(selection)こそが就活(=就活)と認識していそうですが、他社との差別化、人材獲得競争の激化した状況においては、それ以外の活動の重要性が高まっているといえるでしょう。

2017年の特徴として動画メッセージ

 2017年(2018年採用)において、一つの特徴が見いだせます。それは、Youtubeなどの動画サイトにおいて、企業のメッセージ動画がアップされていることです。

 自社へのエントリーを促すことから、この動画の役割は母集団形成にあると言えるでしょう。逆に考えると、この動画では、「どんな人材がほしいと思っているか」、「自社にとっての優秀さとはなにか」を類推することもできそうです。

 そこで、以下にYoutubeから検索を行った採用向け動画をいくつかまとめておきます。これらの動画を分析することで、企業がどのようにメッセージを発信しているのか、どう他の企業と差別化を図っているのかなどが見て取れそうです。

 皆さんは、どんな傾向があると思いますか?

 なお、Youtubeにおいて、「採用」と検索した際に出てきた動画のうち、2016年以降に更新されたものを主に集めています。すべてを網羅している訳では無いこと、また取り上げる企業とは特別関係がないことを予め明記いたします。

いくつかの特徴

 幾つかの特徴のみまとめておきます
 1.自社のイメージ
  どんな事を行っている会社なのかを紹介しています
  自社があることで顧客にどんな影響を与えているかを示すものが多い印象です
  どういった(自己)イメージを持っているかがみえてきそうです

 2.社員の声
  社員としてどんな人が働いているのか(とくに若手)を社員のインタビューのような形で提示しています
  なぜ、この人が選ばれているのか? を考えると見えてくるものがありそうです

 3.働き方
  社内環境(物理的な職場環境含む)について、直接取り上げるのではなく動画の背景として使いながら紹介しているものが多いです

 4.学生へのメッセージ
  どんな人に入って欲しいのかというメッセージは、共通点と差異点が見えてきます
  多くの動画では、「失敗を恐れずに、挑戦しよう」という内容が含まれています

以下動画

Yahoo採用ムービー

Cookpad 2018新卒採用ムービー

DeNA

LION採用スペシャルムービー

KDDI会社紹介ムービー

IBM新卒採用 Webセミナー

大林組会社紹介

「Approach Run」 三井物産 新卒採用 Episode2

以下、特徴的なものをまとめています

おもちゃメーカー

バンダイ 新卒採用ムービー

タカラトミー 新卒採用 会社紹介(1年古いですが)

会社説明会のライブ映像

GMOペパボ (前半と後半の違いは必見)

オールアバウト2018年度新卒採用

特徴的な動画

ホットヨガLAVA ミュージックビデオ風

バンダイナムコエンターテインメント 新卒採用 選考イメージ マネキンチャレンジ

「いいね!」をして応援してください
この記事をお届けした
産業能率大学 橋本ゼミの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする