インターンシップの拡充を 【過去記事再掲】

この記事は約3分で読めます。

過去記事を再掲。
以前のブログでアクセス数が多かった記事を再掲致します。

2006年3月14日の記事です。


—————–
非常に素朴な意見だが、小中高、いや大学でもインターンシップを拡充するべきだと思う。

理由は、「そもそもどんな仕事があるのか知らないから」である。

昨今の就職活動は、ほぼすべてがインターネットを介するようになっている。リクナビを代表格とした、いわゆる「就活サイト」は、まさに必須だ。
この就活サイトを使っていて、だれもがすぐに悩むのは、「一体、どんな企業があるのか」ということだ。少し検索すれば、それこそ数千件の企業データが出てくる。しかし、人気が集まるのは、CMをバンバン売っているような大手企業ばかりだ。つまり、大学生のほとんどは、いったいどんな企業があって、そこでどんな人が働いていて、その人たちは社会にどんな貢献をしているのかを全く知らないのだろう。

経営学の基本として、モノの流れを学ぶ。そこでは、部品がどのように製品になり、それが消費者に渡るまでを川の流れのように解説するものが多い。川の流れは、どこかで途絶えないことが重要なため、川上から川下まで滞りなく流れて初めて意味がある。そのため、川上が重要だとか、川下が重要だとかは本来ないはずである。しかし、いわゆる大手企業というのは、この流れの中の一部、しかもほんの一部にしか過ぎない。その流れのほとんどを支えているのは名のない中小企業ばかりだ。

大秦野高校では、このインターンシップに力を入れているそうである。この取組は重要なことだと思う。やはり、選択肢がなければ、なにも選ぶことはできないからだ。
asahi.com: 高校生に「就業体験」指導 神奈川・大秦野高の取り組み†-†教育

自分自身を振り返れば、大学に入るまでは、全く知らない世界がたくさんあった。大学院に来て初めて知った世界もあった。研究者なんて高校時代にはイメージもなかった。これが、高校時代とかに知っていたらどれだけHAPPYだっただろうと思う。

一方、大学時代にしていたアルバイト先にいたフリーター君たちは、自分たちの知っている世界のみですべてを判断していることを思い出す。「こんな仕事もあるんだよ」ということを話したときの目の輝きを忘れない。そして、もう遅いのかなと嘆いていた。

朝早くスーツを着て働きにいっているだろう、親が具体的にどんな仕事をしているのかを知らない。身の回りにある仕事の風景は、スーパーやコンビニといったものぐらいしかない。仕事の現場は遠のいているのだろう。

キャリア教育といった大それたものではなくともいい。しかし、知らなければ選択することはできない。「こんな仕事もあるんだよ」ってことは、たくさん知っておいたほうがいいのではないかと素朴に思っている。

No tags for this post.
Blog
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LINEにて最新情報を配信しています
LINEにて最新情報を配信しています
友だち追加
この記事を書いた人
橋本 諭

産業能率大学情報マネジメント学部 准教授 橋本諭(はしもと さとし)。
研究テーマは、ソーシャルビジネス、人材育成を扱っています。

橋本 諭

橋本 諭をフォローする
産業能率大学 橋本ゼミ
タイトルとURLをコピーしました